格安航空券が誕生したのは?

格安航空券がどうして生まれたのかを知っておけば、どうして正規航空券と比べ驚くほどに激安なコストで購入することが可能なのかを把握することが出来ます。なんだか怪しいと感じている方のために格安航空券の成り立ちについて紹介します。

大手旅行代理店がスタートさせた

HISのロゴ
格安航空券の誕生は、大手旅行代理店であるHISが企業の社員旅行や修学旅行をする学生などの団体客に向けて、航空券をバラ売りするということを始め業績をあげたのがその始まりと言われています。
しかし団体客のみならず、少数でも購入することができるということが分かり、旅行マニアや他の旅行代理店が購入していたという背景があります。
その後、団体客のみをターゲットにせず、一般顧客のニーズに応え大々的な宣伝をして格安航空チケットを販売して世間一般にも出回るようになったという歴史があるのです。

もともとはプロ向けの航空券だった

このように格安航空チケットというのは、一般顧客向けというよりも、小規模ではあるもののプロの旅行代理店や旅行を知り尽くしたマニアのみが利用できるものでした。
航空会社は空席が目立った状態の航空機を飛ばすことより、安くしてでも空席を埋めたい。
顧客は少しでも安く目的地まで行きたい。
それをHISはパッケージツアーなど魅力的な企画を打ち出して、格安な運賃で航空チケットを獲得できる道標を一般顧客に把握させることが出来たのです。

航空会社の航空券販売方法

格安航空チケットは、昔から存在していたものです。ただ一昔前は旅行代理店など一部の人間しか知らない航空券でした。
HISがパッケージツアーなどを企画し、実は旅行券は激安で手に入れられることが分かったわけです。
航空会社の航空券の販売方法は、団体用航空券を一番最初に販売するといったものです。
ブロック売りなどと呼ばれていますが、年間の座席数を確保するためにこういった販売方法を取っているのです。

更に実績の高い旅行代理店を優先して販売されることから、格安航空チケットを手に入れたいなら、大手の旅行代理店に早めに目を付けておくようにすべきでしょう。

大手旅行代理店がスタートしたサービスだから安心

安心安全の文字ポップ
このように格安航空チケットの誕生は大手旅行代理店であるHISがスタートさせたサービスになります。
ですから、安すぎてて怪しいし抵抗があるという勘違いをしている方の考えは大間違い。
制限は沢山にあるものの、航空券をできるだけ安く手に入れたいという方は安心して格安航空チケットを購入しましょう。

Copyright(C)2017 格安航空チケットに歴史あり、正規料金にも需要がある? All Rights Reserved.