正規割引き料金と格安航空チケットの違いは?

正規航空会社の航空券よりも格安航空券が良いと思っている方は多いことでしょう。しかしながらその逆のように感じている方もいらっしゃいます。両者の違いを知るために正規航空会社の割引券のことを把握しておきましょう。

PEX航空券のデメリットは?

ANA航空券やJAL航空券などいわゆる航空会社が販売している正規航空券の方が自由度が高くて良いと感じている方がいますが、格安航空券と比較してもいくつかのデメリットが存在します。
まずキャンセル料金が高いということ。
運賃が安く設定されている分、キャンセルした場合にはペナルティがあります。
格安航空チケットではキャンセルはほぼ不可能ですが、PEX料金でもキャンセルはキャンセル料が発生してしまいます。
一番高い場合には、50パーセントものキャンセル料が発生します。正規料金のチケットの場合、片道券でも往復券であっても1枚あたりで430円程度しか掛かりませんから、ほぼ購入料金が返ってくるという違いがあるのです。

いつも同じ金額ではない

ANA航空券もJAL航空券でも割引航空券の場合には、いつも同じような価格で利用をすることが出来ないというデメリットがついて回ります。
ANAもJALもSKMなどの航空会社でも残席連動型という料金システムを採用しているのです。
どういうことなのかといえば、人気のない時期での航空チケットは安くなるものの、旅行シーズンなどでは高い料金になってしまうというシステムになるのです。
格安航空チケットの場合には、ほとんど金額に違いは出てこないわけですから、価格の安定という点では格安航空チケットに分があるといえるでしょう。
いつでも安定した安い料金で航空チケットを手に入れたいと思っている方にはデメリットに映る特徴でもあります。

自由度が低いのは一緒

正規料金と比較すると割引き料金が適用されるチケットでは格安航空チケットとさほど不自由度は変わりません。
その一つが座席の指定に制限があることです。
格安航空チケットは本当に自由度が低いとデメリットを指摘される方もいらっしゃいますが、正規割引き料金に関してもさほど不自由度は変わらないというのが現状なのです。

不自由でも安さ重視なら格安航空チケット

オレンジの航空券
正規割引きチケットなら自由度が高いと思っている方は多いものの、実際には格安航空チケットのそれと変わらない状況になっています。
ある程度の不自由は我慢できるからとにかく安い航空券を手に入れたいという方であれば、格安航空チケットを利用するのがおすすめなのです。

Similar Posts:

    None Found

Copyright(C)2017 格安航空チケットに歴史あり、正規料金にも需要がある? All Rights Reserved.