パッケージツアーと格安航空チケットの違いは

格安航空券とツアー旅行はどちらが良いのかと話題になることが多いですね。ツアー旅行は激安な交通費で旅行ができ、その上で知らない土地の観光地やイベントを楽しむことができる。しかしながら、ツアー旅行にはデメリットも存在していますから、それを把握しておきましょう。

ツアー旅行は高くつく

添乗員のお姉さん
ツアー旅行は、旅行代理店が各観光地やイベントに合わせて企画を出し、団体旅行を楽しめるといったサービスです。
そもそも航空会社が利益確保のために旅行代理店に航空チケットをブロック売りするわけです。
それを安く販売し旅行代理店は利益をあげていたわけですが、より魅力的なパッケージツアーを企画して利益を出しやすくしたのがパッケージツアーの始まりです。
このため格安航空券をそのまま購入するよりも、料金は割高になってしまうのは当然ですよね。
より売れやすく魅力的に感じさせるために「企画」を考えるという労力がかかっているわけですから。
ただし宿を決めたり予約をする苦労がないだとか、旅行計画を立てなくても目的地の観光をスケジュール通りに楽しむことができるというメリットがあります。


やはり自由に行動ができない

格安航空チケットよりもツアー旅行をする方がどうしても割高になるというデメリットがあります。
その上でパッケージツアーは行動に自由度が少ないというデメリットも存在します。
旅行好きな方の中には、行く場所や参加するイベントも自分で自由に決めたいという方がいらっしゃいます。
自由行動の時間は設けられていますが、旅行先や参加するイベントによっては、その時間が非常に短く感じられることも多いのです。
自由行動の際にその場所から離れ目的の場所に行きたいと思っていても、交通手段の有無や物理的な距離などの問題で自由行動時間に目的を果たせないこともあります。
自由に行動をしたいという方の場合でも、やはりパッケージツアーよりも格安航空チケットを購入される方がおすすめということです。

ツアーよりも格安航空チケットがおすすめ

正規航空券と比較すると制限が多いというデメリットが言われる格安航空チケットですが、パッケージツアーと比較すると驚くほどに自由度が高いです。
またきっちりとした仕組みによって航空会社から大手旅行代理店が優先されて販売されているため怪しいというイメージとは程遠い航空券です。
正規料金と比較して驚くほど安いことから怪しむ方も多いですが、パッケージツアーよりもメリットが多く安く旅行ができる素晴らしい航空券なのです。

Copyright(C)2017 格安航空チケットに歴史あり、正規料金にも需要がある? All Rights Reserved.