格安航空券がおすすめな方

格安航空券のことを知るためには2種類存在する航空券の種類を把握しておく必要があります。それが正規割引き料金(PEX運賃)と格安航空券です。ここではPEX料金と格安航空チケットでは何が違っているのかを紹介します。

2種類のチケットの違いは?

黄色と緑のチケット
2種類の航空チケットが存在しているのですが、それが正規割引料金と格安航空チケットになります。
正規割引料金とは各航空会社が2ヶ月以上前に予約をしたり購入した際に普通の料金よりも格安で購入できるといったような割引き料金になります。
PEX料金と呼ばれ、普通料金と差別化されているものでもあります。
一方で格安航空チケットは、旅行代理店や金券ショップなどが販売している航空券になります。
旅行代理店の企画するパッケージツアー用に航空会社が用意したもので、正規料金よりもかなり安い価格に設定されているものになります。


格安航空チケットとPEX料金はどっちが安い?

以前まではPEX料金と格安航空チケットでは、断然に格安航空チケットの方が価格は安かったものでした。
ですから金券ショップや旅行代理店が販売している航空チケットに現実を知っている方は殺到していたものだったのですが、近年ではPEX料金で利用される方も多くなっています。
というのも、2010年くらいからは、各航空会社もPEX料金の割引き割合を非常に大きくしており、その価格差がほぼ変わらなくなっている状況だからです。
事前に旅行計画を立て早めの購入をすればするほどに割引率が高くすることが出来ますから、そういったことに対応することができれば探す手間などがないPEX料金での利用を考えるのは当然と言えるでしょう。
探す手間がかかっても直前に安い航空チケットを探しているというのであれば、やはり格安航空チケットが安いというのは現在でも変わることはありません。

格安航空チケットのデメリット

料金的には格安航空チケットに分がありますが、デメリットも存在します。
一つはマイルのポイントが正規のものと比較して低いということ。
更にチェックインをするまで座席の指定が行えないなどが存在しますから、そういったデメリットも留意するようにしましょう。

値段重視なら格安で決まり

何よりも値段が安い航空券が良いという方なら格安航空チケットを購入するに限ります。
ただし以前ほどに価格差があるのかといえばそうではありません。
マイルや座席指定がチェックインするまで出来ないといったものもありますから、値段ばかりではなく何を優先するのかを加味することをおすすめします。

Copyright(C)2017 格安航空チケットに歴史あり、正規料金にも需要がある? All Rights Reserved.